【ポイ活とは】陸マイラーが解説!年間10万マイルを貯める!ポイントサイト~マイルの貯め方まで!

みなさん、こんにちは。陸マイラーのiwaといいます。

突然ですが、みなさん旅行は好きですか?

好きな方が多いと思いますが、現実は厳しいものでかなりの出費を覚悟しないと行けないのもまた事実、、、

特に海外旅行を家族で行くとなると、飛行機代だけで○○万円も、、、なんてこともあります。

iwaも旅行が好きですが、少しでも安く行けないかなど悩んでおりました。

しかし、ポイ活をはじめてからはマイルをたくさん貯めて、旅行に必要なマイルが十二分に貯まりました。

始めて半年も経たないうちにマイルが貯まり、今年の夏にはシンガポール・タイに夫婦でビジネスクラスで往復することもできました。

ポイ活とは?

ポイ活とはいったい何なんでしょうか?

楽天カードを持っている方は楽天ポイントを貯めていませんか?

ドコモのdカードを持っている方はdポイントを貯めていませんか?

それもここでいうポイ活です!

ですが、これからお話するポイ活はもう少し深いというか効率がいいというか本格的なものとなります。

そこで重要になってくるのが【ポイントサイト】といわれるものとなります。

みなさんLINEは使われているでしょうか?

LINEは通話・メッセージだけではなく、いろいろなものがありますが、その中にLINEショッピングというサービスがあります。

簡単に説明すると、

LINEショッピングを選択すると、次のような画面が表示されます。

楽天市場と書かれた下に0.5%と書かれているのがおわかりでしょうか?

こちらは、LINEショッピング経由で楽天市場で買い物をすると、買い物額の0.5%のLINEポイントを付与しますということなんです。

楽天市場で10000円の買い物をしたとすると

10000×0.5%=50LINEポイント

が付与される計算となります。

え、たった50ポイント?と思われた方がほとんどかと思います。

ですが、もっと簡単にポイントを稼ぐ方法があるんです!

こちらを見ていただくと

楽天カードのクレジットカード発行で4000Pとありますよね?

これはそのままの意味で、ここから楽天カードを申し込むとLINEポイント4000Pもらえますよということです。

もちろん、楽天の新規入会特典ももらえます。

楽天カードのCMを見て申し込むと楽天の新規入会特典だけですが、こちらから申し込むだけで+4000PのLINEポイントももらえるなんて絶対お得ですよね!

ではみなさんの次の疑問はなぜそんなにポイントがもらえるの??

ということになるかと思います。

簡単に解説すると、ポイントサイトは広告を出したい企業から広告費をもらって運営されています。

先程の楽天カードの例でいうともちろん企業は楽天です。

楽天はポイントサイトに、「申し込み1件につき○○円」というように契約します。

そうすると、ポイントサイトは1件あたりの契約の何%かをユーザーに還元して申し込みしてもらおうということになるんですね。

そもそも、楽天カードのCMを見られたことがあるかもしれませんが、CMを流すにも莫大な費用がかかっていますよね?

その費用をポイントサイトに広告を出して、顧客開拓をしているというわけです。

陸マイラーって??

次に陸マイラーって聞いたことはないでしょうか?

陸と書いて【オカやリク】マイラーと言ったりします。

普通はマイルは飛行機に乗って貯めるものだと思われています。

また、飛行機に乗らなくても、ショッピングで航空会社のクレジットカードなどを使い貯める方もいます。

でもショッピングでマイルを貯めようとしたら、それこそウン百万からの決済が必要になってきます。

しかし、陸マイラーと呼ばれる人たちは飛行機に乗らず、1年間で数十万マイル貯めている方が大勢います。

数十万マイルと聞いてピンと来ない方がほとんどかと思いますが、きりのいい10万マイルで何ができるのか見ていきましょう。

10万マイルで何ができるのか

日本の航空会社といえばJALかANAですが、今回はANAマイルで何が出来るか見ていきましょう。

・沖縄までの片道7000マイル~(シーズンによって変動あり)

片道7000マイルですので、往復で14000マイル。

ということは、沖縄を7往復できちゃいますね(笑)

・韓国まで往復12000マイル~(シーズンによって変動あり)

往復12000マイルで、韓国を8往復できる計算に。

・ハワイまで往復35000マイル~(シーズンによって変動あり)

往復35000マイルで、ハワイまでなんと2回行って、まだ余りが。

参考までにある日の沖縄までの航空券の値段ですが、

安くても15000円前後が片道の値段です。

ハワイは、

燃油サーチャージなどの税金を別にして、往復10万円前後の値段です。

沖縄7往復で30000×7=21万円

ハワイ2往復で20万円前後

そう考えると、10万マイル=20万円以上の価値があるということになります。

しかし10万マイル貯めるのにクレジットカードの決済はいくら必要でしょうか?

ANAのマイルは基本的に100円で1マイル貯まります。

10万マイルともなると、年間1000万円の決済が必要となります。

そんなの無理、、

そもそもそんなに決済するならお金持ちでしょうから、普通に旅行なんてバンバン行けるでしょ、、、

と思いますよね?

でも、陸マイラーでポイ活してる人は年間数十万マイル以上貯めている人もたくさんいるとお伝えしました。

そんなうまい話が、、と思いますよね?

自分もそうでした。

やってみてからも家族や友達に話をしても、同じような反応です。

でも、やってみてからみるみるマイルが貯まっていくと、反応が変わりました(笑)

ポイ活とは知っている人だけが得をするんです!

登録すべきポイントサイトは?

その1 【モッピー】

まずおすすめするのが【モッピー】です。

株式会社セレスという東証一部上場の会社が運営しているポイントサイトで、会員数は700万人を超える、大手のポイントサイトです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

先程のLINEポイントの例でも紹介しました、楽天カードの案件がモッピーでも掲載されていますね。

4500Pとなっています。

こちらはLINEポイントよりもポイントが高くなっています。

ですが、ポイントは日々変動しますので、チェックをして高ポイントのサイトで申し込むといいでしょう。

もう一つ注意点としては、貯めたポイントを現金などに交換する場合は一番高いポイントのサイトで申し込めばいいのですが、マイルに交換するには一番高いところばかりを見ていると失敗することがあります。

後述しますが、ポイントをマイルに交換するにはいくつかの手順を踏まなければいけません。

4500Pは3375ANAマイルに交換できます。

これは先程、マイルで何ができるのかで紹介しました韓国往復12000マイルのうち四分の一以上が貯まる計算になります。

1枚クレジットカードを発行するだけですよ?

すごくないですか?

年会費無料のクレジットカードはいっぱいありますし、ポイントももっと高いものはいっぱいあります。

すぐに貯まると思いませんか?

ちなみに、ただ登録するだけならもらえませんが、紹介登録なら300Pもらえます!

300Pはマイルに交換すると243ANAマイルとなります。

クレジットカード決済で貯めると考えると24300円の決済が必要になりますので、もらっておいて損はないですね!

興味のあるかたは下記から登録すれば紹介ポイントがもらえます!

もちろん年会費なども必要ありませんので、安心してポイ活に踏み出してください!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

その2 【.money(ドットマネー)】

次に紹介するのは.money(ドットマネー)というサイトです。

こちらはポイントサイトというよりかはポイント交換所のようなところです。

なぜ必要かというと、先程のモッピーからANAマイルに交換する際に経由する必要があるからです。

ルートを説明しますと

モッピー  →   .money(ドットマネー)  →  TOKYUポイント  →  ANAマイル

となります。

そして、交換にはレートというものがあり先程のモッピーの楽天カード発行での4500ポイントを当てはめてみると

モッピー(4500P)  →   .money(ドットマネー)(4500P)  →  TOKYUポイント(4500P)  →  ANAマイル(3375マイル)

となります。

TOKYUポイントからANAマイルで交換レートが75%で減っていますが、1マイル2円以上の価値になることが多いことから損はしていないですね。

そして現状では陸マイラー界隈ではソラチカルートと呼ばれるANAマイルの交換レートが81%と高いのですが、近々このルートは閉鎖される予定ですので、今後はこちらのTOKYUルートがメインになってくるかと思います。

ですので.money(ドットマネー)もぜひ登録しておいたほうがいいと思います。

こちらから登録できます

その3 【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】

こちらもサイトではないのですが、先程のTOKYUポイントに交換するのに必要になってきます。

ANA東急カードって何??

と思われた方も多いかと思います。

しかし、これなくして何も始まらないというくらい重要なカードなんです。

先述のTOKYUポイントをANAマイルに1枚で交換できるカードなんですね。

初年度無料で、2年目からは年会費2000円(税別)がかかってきますが、ANAマイルを貯めるなら必須ですし、マイルの貯まる量を考えるとコスパは抜群ではないでしょうか?

ポイントサイトの案件を行う際の注意点

さきほどモッピーの案件を例に出して見ていきましょう。

クラブ・オン/ミレニアムカードという案件があります。

詳細を見てみますと

赤枠で囲っているところが獲得条件となります。

こちらは、年会費が無料でポイントも高く良い案件ですが、カードを発行するだけではポイントはもらえません。

獲得条件にカード利用とありますよね?

ショッピングで5000円以上の利用とありますので忘れず使うようにしないといけません。

このように獲得条件を案件に取り組む前によく読むことが、失敗しないコツになるのではないでしょうか?

以上長文でしたがお付き合いいただきありがとうございました。

良い案件などがあれば紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする